【こころアプリ】とは、うつ病治療を支援するのため、認知行動療法に基づいたスマートフォンアプリです。

うつ病は日本人の10~30人に1人が一生に一度はかかることのある非常に頻度の高い疾患です。
うつ病に対して認知行動療法という精神療法が有効であることが分かってきました。
 
しかし、認知行動療法そのものは標準で1時間×16回の対面治療を必要とし、患者さんにも治療者にもたいへん時間のかかる治療法です。
この認知行動療法を、最新の情報通信技術を用いてより実行しやすい形にする試みが、この【こころアプリ】となります。
こころアプリは、医療者の指導の下でご使用いただくものです。

■企画監修
京都大学大学院医学研究科 教授  
医学博士 古川 壽亮 先生

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
認知行動療法センター センター長
臨床心理学博士 堀越 勝 先生

■アプリケーション企画開発
ライフツービッツ株式会社

■システム開発
株式会社国際電気通信基礎技術研究所
適応コミュニケーション研究所

※リニューアルに向けて再開発中です。